祝 アフリカ最高峰 キリマンジャロ 登山 登頂記念!! 

チャリ一時中断の旅(ケニア、タンザニア)

アフリカ最高峰 
キリマンジャロ山(5896m)
に登ってきた!!

全てのエネルギーがなくなり、精根尽きたけれども何とか登頂に成功した!!!

⬆️頂上にて!ガイドと一緒に
登った日本人のこうじさん!

正直、約一年前、南米のアコンカクア山(6959m)を単独で登った経験があるので

簡単にとは、いかなくても少しは余裕をもって登れると思っていたが・・・。

かなり苦しんだ。しんどかった。

体力的にはいけるだろうと思っていた。

心配の種は高山病だけだった。

高度順応は1ヶ月とか過ぎると簡単に元に戻ってしまうと聞いていた。

その心配が見事に当たった。

今回初めて嘔吐した。

それも2度。

⬆️頂上付近からの日の出

頂上のULUFU ピークに達したとき

正直、感動を覚える余裕がなかった。

ここで眠りたい。ここで倒れこみたいと思った。

⬆️頂上付近からの景色

自分の取ったルートは4泊5日のマナングルート。

このルートは登頂率50%らしい。

お金を削るべく
短い日程で安い料金のルートを選択した。

これが間違った。

2000mの登山口から3700mまでの2日間はよかった。

道も緩やかな上りで、比較的、らくに楽しんで登ることができた。

そこからだ。

3日目。

朝8時ごろ、3700mの宿泊地を出て4700mの最終宿泊地に夕方15時に着く。

そして仮眠を取った後、その深夜からトップの5896mへトライする。

この1日で3700mから5800m。
標高差約2000m。

これにやられた。大量に水を飲み高度順応に適用しようと試みたものの・・・。

アウト。

標高差もさることながら、4700mの宿泊地からラストの頂上への道も厳しかった。

6時間ほど、急な上り坂を登った。

そして一点ミスを犯した。

深夜のアタックでその急な坂を上っていると徐々に頭が痛くなり

堪えられなくなってきたところに、ふっと脳裏に浮かんだのが山を登る前に買った高山病を抑える薬。それがポケットに入っていることを思い出した。

その痛みをやわらげたい想いしかなく、目先の欲求にかられ、それを飲んだ。

それも出発から何も口にしていないすきっ腹にだ。

間違った。

その薬は高山病に効くらしいがその反面、副作用も強く体力を消耗するというのを聞いていた。

すぐに胃腸の様子が変化したのがわかった。

1時間後ぐらいから急激に眠くなりだしもした。

そして頭痛は一向に治らず、悪くなる一方。

そして下山中に嘔吐を二回。

高山病の影響かもしれないが、薬の影響が強かったような気がする。

薬を飲むべきじゃなかった。

⬆️頂上付近の景色

けれども何とか登頂に成功した。

そして、

下山して4700mの
最終キャンプ地に戻ってきたとき

何もする気が起きず、精魂尽きていた。

パワーがなくなっていた。

とにかくヘトヘト。

あまりにもやられすぎて、登頂の達成感よりも

ボコボコに打たれてボロボロに負けたボクサー選手みたいな感覚。

登る前と何が変わったのか分からないし

ただ、疲れたとしか言えない。

途中の景色などは心が
喜ぶものであったのは確かだけれど

登頂に関しては半分無意識に近いというか、今、思い出しても現実味がない。

でも、なんでもいい!兎に角、登った!

もう、それでいい!それだけでいい!

登ったーぞー!

⬆️頂上付近の景色

そんなんで2日前に下山をしてモシュという町に戻ってきた!

そしてそして下山して町に戻って初めて知ったことがある!

なんとなんと!!!

3日後にこの町でマラソンが開かれる!!!

その名も!!!

キリマンジャロ マラソン!!!

そうです!それなんです!!

やるでしょ!!
佐々木 茂 いくでしょ!!!

42.195km!!!
フルマラソンに出ちゃうーーーーー!!!

正直、山降りて5日後にフルマラソンなんて考えられない!

完走できる自信もなければ、マラソンの経験もない!!!

でも、出ちゃう!!!出しちゃう!!!

こんな経験は今しか出来ん!!!

アフリカでのマラソン!本場のケニア、タンザニア人達の中にまぎれてマラソンやっちゃう!!

目指せアベベ!!!

キリマンジャロの登頂とマラソンを走っちゃう報告です!