スペイン巡礼の道 ラスト フィニステーラー

スペイン巡礼の道

 やったぞ やったぞ ラスト約100kmのサンティアゴからスペイン最西端(世界の果て)フィニステーラーまでを三日間かけて歩ききった!4月29日にゴール!

スペイン巡礼の道 合計約一ヶ月で約900km!もう歩かなくていい!お疲れさん!

 多くの人がバスで最西端に向かうが、これはラスト三日は歩く方がいいと思った。約一ヶ月、常に山や林、畑、草原の繰り返しだった。それがラストの日。ちらほらと海が見え出すし、さらに歩き続けると突然、視界が開け、大海原が現われる。
 海が見えたこの瞬間のこの感動は二回目でもジーンっとくる。そしてゴール近くのビーチを裸足で歩く。自分の足跡を確認しながら、力強く歩く。
 最後にゴールのゴールである岬へ歩いていく。どこまでも広がる水平線。岬は端の端。
それが本当に終わりのなのだなっと、感じさせてくれる。

 今回、ラストの三日間、日本人のよし君と同じ日程で同じ距離を歩いていた。宿で三日間とも顔を合わせていて、最後のフィニステーラもまた一緒の宿だった。
そのよし君が岬から宿に戻ったら海に入りませんかと言う。ここ最近の天気は悪く、風が強く、冬に戻ったような気温だった。けれど・・・そう言われたら行くでしょ!ってことで海へ!
コマ送りでどうぞ!一瞬だった!寒すぎた!たぶん1分ぐらい!

DSCN1121

走る!

DSCN1124
立ちすくむ!
DSCN1125
でも浸かった!
DSCN1128
泳ぐ!
DSCN1130
もうだめ!
DSCN1131
ダッシュ!
DSCN1132
さらにもうダッシュ!
DSCN1133

 もう駄目だ。
約一分。カンカンカン。終了!!

 かなり寒かったけれど、その後はかなりすっきり。
一応、巡礼者が巡礼後、身を清めるとの意味があって海に入るらしい。

 そして、最後は岬ににて、ビールを片手に夕陽を眺めながら、この長く続いた巡礼を終えた。

👇岬からの夕日 

DSCN1143

 また、巡礼者の慣わしとして、巡礼中に着た衣服、靴等をここの岬で燃やす。ここまでの過去にお別れして、新しい自分を。と言う意味があるとのこと。
 ただ、前回の4年前は、燃やせたのだが、今回きてみたら、燃やすことがなぜか禁止となっていた。それでも、ひっそりと靴下、手袋を燃やした。

これにて巡礼終了!!

DSCN1145

👆燃やしているところ

そして昨日(30日)サンティアゴの街にバスで戻ってきた。

そしてそして
次なるチャレンジは・・・・・!

はい!出ました!

ここサンティアゴから

チャリンコで日本へ帰ーーーーる!!!!

お待たせしました!

ついに山とチャリの旅になりました!!

これで想い残すことはもうない!
やるなら今しかない!

それでさっそく昨日、
中古チャリを買った!!

はい!!!

100ユーロ!

安い!!!!

これで日本まで本当に帰れるのか――――!!!!

期待を裏切ってマウンテンバイク!
ママチャリじゃない!

さすがにママチャリは無理だと思いましたですたい・・・。すいません。

ゴーゴー佐々木!!
アンド グッドラーク!

長い間、長い日記を読んで下さったかた、ありがとうございます!

今度はさすがに毎日とは無理っぽいので
なるべくチャリネタをあげれるように努力します!

👇バックと杖と海

👇夕日に染まる十字架

DSCN1135

👇岬の綺麗な花と海

DSCN1106

👇こんな綺麗な海

DSCN1083

👇海が見えたぞーの写真

DSCN1063

👇綺麗な朝焼け

DSCN1053

 

スペイン巡礼の道

Posted by shige05101978