5ヶ月ぶりの外の世界

2019年, 瞑想

ご無沙汰しておりました!

4日前にミャンマーでの瞑想から5ヶ月ぶりに外に出てきました!

ビザが切れるのでとりあえずミャンマー を出てタイのバンコクに滞在中の現在。

 

 

 

久し振りの外の世界で騒音と排気ガスと人の多さにやられ、気持ち悪くなり、頭が痛くなりと馴染めていない。

言葉も多くを発していなかったら、話すことにも何か違和感もある。

 

何かが変わったとは思う。

でも、それも外の世界に出て馴染んだら、またすぐに元に戻る気がする。

↑いつも頭を共用のバリカンで刈っていた。

↓でも誰かがそのバリカンを持っていってしまって仕方なく頭を剃っていた。切れないカミソリで頭を切りまくり血が出て、頭をヒリヒリだった。

しかし、瞑想5ヶ月。長いようで何だかんだで過ぎたらあっという間だった。

毎日朝3時〜3時半の間に起き、途中に休憩や食事も挟みながら夜の9時ぐらいまで瞑想。

一日二食の食事は途中からベジタリアンに変えた。

お昼はだいたい11時には食べ終わり、12時を過ぎたら次の日の朝食の5時半ぐらいまで水分しか取ってはいけなかった。

早い時は午後2時くらいにお腹がすきだした。

また4ヶ月過ぎた辺りから急に食事も食べれなくもなりだした。少し食べたらお腹いっぱいになってしまっていた。(瞑想が進むと勝手に体もそれに合わせるらしい)

 

瞑想やりながらも何だかんだで食に飢えてたし、飽きもきていた。と外に出てからかなり痛感している。

 

また、この5ヶ月。

心をこれだけ観察したことはないってほど観察した。

分かったことは心はつかめない。

いくら頑張っても簡単に移ろう。

心をコントロールなんて出来やしなかった。こっちが心にコントロールされていたんじゃないかと笑

↑自分の部屋

 

それでも結構、納得出来たのかなとは思う。

 

瞑想中、一度記憶がドンドンと若返りをはじめ、幼い記憶にまで戻り、そして最終的には産まれてくる状態まで記憶が戻った時があった。ただ、これは自分自身で意図的にイメージして作っているのではと思ったが、それでもその時の気持ちも汲み取れたというか、想像する機会が出来た。

そのこの世に生をなし産まれてきた時のその瞬間の感情は

ついについにようやくようやく産まれることが出来た!待ちに待ったこの時がきた!うおーうおー!やった!やった!という万歳三唱の様な気持ちだった。

そして両親に心から産んでくれたことに感謝をしているのものだった。

 

そして、瞑想中の真っ暗な脳裏に一度、自分の分身の様な幼い子供が現れた。(これも勝手な想像なのかなとも思う) そしてその子は兎に角、走りまくっている。止まらない。そして心からはしゃいでいて、躍動感もあって何よりも楽しんでいた。

なにか年をとり、忘れていた大切なものを思い出させてくれた気がした。

 

様々な体験や気づきから納得出来た気がしていた。

(詳しくは後々、ブログで書ければと思うけれど、いつになるのか…。)

ただ、現在、瞑想中の身体の内側が結構な動きがあり、それがおさまらず。これをどうしていいのか分からなくて、もう少し続けようかと。(この身体の中の動きがなければ多分、瞑想修行は区切りをつけたかと思うが…。)

とりあえずミャンマー へ戻ってもう少しだけ瞑想する。

その前に本日からタイでも少し瞑想を受ける予定ではいます。

 

いやーーしかし日本の夏がかなり恋しい!! やはり離れてみると日本の良さが際立つ。。。日本食食べたい。花火見にいきたい、祭りに行きたい。ビヤガーデン行きたいと渇望だらけでどこを瞑想してたのかと思うぐらい!!

 

何でも皆さん、夏を満喫してよい夏をお送り下さい!!!

 

ではではまたまた!!