南米 エクアドル コトバクシ山 チンボロソ山

エクアドル コトパクシ山 チンボロッソ山

コトパクシ山(5900m)

チンボロソ山(6300m)を登りに行ってきた。

 

結果はコトパクシ山 見事に登頂。

 

チンボロソ山 残念ながら途中で断念。
5800m付近での下山。

途中での下山は勇気がいるし、とてもとても悔しい。
一人であれば行ってたと思われるが・・・。

 

ガイドがやたらと、下山を勧める。
行けなくはないが危険という。

 

うーん。

人は何度も同じマイナスのことを言われると
気持ちも萎えてしまうものだ。

一緒にチンボロソ山でパーティを組んだ

日本人の純さんもそうだっただろう。

ただ、下山してよかったのであろうとも思われる。

この日は登山スタート時から強風が吹いていた。

僕は途中でアイゼンを付け直す際

グローブを外したのだが

自称、-20度まで耐えられるグローブが

その風によって飛ばされてしまい、失くしてしまった。

 

それでも薄いインナーのグローブ(軍手と同じぐらいの保温性)
で行けるところまでと思って進んでいた。

この時点で登頂は無理だと思っていた。

登ってくうちに頂上らしき一体が見える。
すぐそこだと思うのだが、歩を進めても
いっこうに辿り着かない。

すぐそこだと思うから

グローブなしのことも忘れて

先へ先へ思考してしまう。

 

そこでストップがかかった。

行きたい。登頂したいと心底思った。
手のことはお構いなしだった。

相方の純さんが先に

下山の意を伝えてくれたのが幸いだった。

 

普通に考えて6300m付近でグローブ無しは
凍傷で手を失っていただろう。

後先を考えず
想いが先に走ってしまう。

気を付けなければ。

 

そして現在。

アコンカグアのあるアルゼンチン

メンドーサへ向けて

泊まらずの移動の日々。

 

めんどーだ。

南米は長げー。

3日以上移動してようやくチリの北のボーダの町アリカ。

まだ先は長い。
ありかよ。

くっそーーーー
後2~3日はかかる!!!
くっそーーーー
シャワー浴びてーーー!!!DSCN0986

コトパクシ山の火口

DSCN1002

コトパクシ山頂上にて

 

DSCN0987

おかしい。頂上で裸になったスイス人。

DSCN1016DSCN1056
DSCN1053

チンボロソ山の下山後

DSCN0933

エクアドル キトの教会

DSCN1075

ペルー国境の町タクナ